• 入場料金のご案内
  • もーもーぶろぐ
  • 花だより

動物取扱者標識

氏名又は名称 福岡市長
高島宗一郎
事業所の名称 油山牧場
事業所の所在地 福岡市南区柏原710-2
動物取扱業の種別 展示
登録番号 E2702019
登録年月日 平成23年4月1日
有効期間の末日 平成33年3月31日
動物取扱責任者 秦祐司

もーもーぶろぐ

連載 スタッフおすすめブログ 第59回

みなさん!(牧場の風景)といえば何をイメージされますか?牛や牛舎、それと(サイロ)でしょう!オリンピックのカーリング女子、もぐもぐタイムでも話題になったお菓子も(○いサイロ)でした。牧場にはサイロがつきものですが、いま、牧場ではサイロ(タワーサイロといいます)が使われなくなってきました。昔は、牧草を収穫し細かくしてサイロに貯蔵し、乳酸発酵させた牧草(サイレージといいます)を与えていました。しかし現在は、牧草を収穫し円筒状(1個はある程度の大きさ)にして、すぐに白色のポリエチレンフイルムで包み、この状態で乳酸発酵させ(ロールベールラップサイロ)、牛に与える農家さんが増えています。油山牧場も大きなサイロが3つありますが、現在は、収穫した牧草をロールで保存し、サイロ(タワーサイロ)は使わなくなりました。しかし、大規模経営の農家さんはバンカーサイロ(平地に作った箱型のサイロ)を使ってあるところがまだ、まだ多いようです。牧場も時代の流れとともに変化しています!油山牧場のサイロのそばを通るたびに、長い歴史を感じる今日、この頃です。